2005年10月27日

リプ云々

個人的見解というか。

なんでリプを出し渋ったか、という理由。


○高速コース
ランキングのタイムを見てみると判ると思うんですが
コース自体が短いということもあり、差がほとんど出ません。
特に、両イシュ、シュピなんかは比較的修正が利きやすいため
ラインを乗っけるという行為に関しては容易。
もっとも、イシュ等では別の問題があるわけですが。


○ゴースト
上の「差が開かない」という事に関連して。
3LAPで2秒程度しか開かないノルウェーコースでは
ある程度の人が走っていれば終始視界に映っているはずです。
そこで得たヒント(ライン)を自分なりに解釈して
単独でTAをしている分には問題ないかとは思うんですが
ゴーストを倒すこと自体を目的にしてしまうと
どこが良くてどこが悪いかが判らないまま
タイムを更新し続ける可能性も否定できないわけです。
戦う、ということは同じラインを走っていても
そのゴーストは抜けないため、その場で
ラインを作っていかなければなりません。
そのラインが本当に最速なのか?という疑問が
残ったまま更新して「やったー!」で終わってしまっては
進歩は難しいんじゃないかなぁと思うわけです(他コースで)。

勿論、ラインに幅を利かせる技術というのも大事ですけど。


あと、言葉に関して。

GINさんのコメントは感情的になりすぎて口調が強すぎ。
俺の気持ちを汲んでくれたようですが・・・(前の日記での)
そりゃ消されるっちゅーねん。
一応本人にも言っておきました。

DAIさんにも突っ込みを入れておくと
「w」「アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!」の使い道をたまに
間違えている時があるような気がするのです。
人それぞれの解釈の問題でもあるんですが
「w」には嘲笑うという意味を含んでいると解釈する人も
(ここに)いますし、「w」自体を不快に思う人も
世の中少なくないということを判ってほしいなぁと。
たまに釣りかっ?て思うようなことがあるんで。


まぁ、そんなところです。


posted by はね at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | YNP版SIN2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。