2005年10月09日

F1日本GP

いやー面白かった。
鈴鹿であんなにオーバーテイクが見れるとは。

さて、決勝ですが。

琢磨とバトンがスタートミスった影響で
琢磨はアウトに押し出されるような形に。
バリチェロが「琢磨がオーバーランしたのを見て
ダウンフォースがないのに気づき飛び出した」
なんて言ってますが琢磨を目の敵にしてるだけなのでスルー

しかし、そういうことが起こると途端に暴走するのが琢磨。
シケインでトゥルーリに追突。やっぱり。
[自分のが相手より速い→間髪いれずに抜きに行く]
という考えは短絡的ではないのかなぁと。
先ばかり見すぎて冷静さを欠いているような気がしてなりません。


今回の見所その1。ミハエルVSアロンソ。
シケイン、1コーナーと完璧なブロックを見せるミハエル。
しかし、アロンソは別のシナリオを描いていた!
130Rでのオーバーテイク。アウトから。
すげー130Rでアウトから行く人初めて見たーなんて思わず声が。


見所その2。ミハエルとライコネンのピット戦略。
多分キミの方が重かったのではないかと思いましたが
1回でも2回でもいけるように燃料を積んでいた両者。

ミハエルにあわせるような形でキミも同時ピットイン。
キミ:ミハエルの前に出る為に2回に切り替える。
ミハエル:キミが2回に切り替えると読みこちらも2回を選択。

この回のピットはフェラーリの勝利に。
しかし、たった何十秒の間での駆け引きにはしびれました。
ちなみに、この時点でフィジコ優勝と思っていました(ぉ


見所その3。最終ラップでの逆転劇。
残り8周の時点で2回目のピットに入ったライコネン。
ピットアウト時でのフィジコとの差は6秒弱。
追いつけるけど抜けるかなぁ、という微妙な差。
しかし、毎ラップ1秒以上差を詰めるライコネン。

残り3周。1コーナー、シケイン共にスリップに入るも抜けず。
ここは上手くフィジコ抑えました。

残り2周。1コーナーは諦め、130Rで一瞬スロットルを戻すキミ。
一方ブロックラインで全力で抑えようとするフィジコ。
この時点でライコネンが描いたシナリオは容易に想像できました。
シケイン。完全にブロックラインでいっぱいいっぱいのフィジコ。
一方、完全に立ち上がり重視のライコネン。

残り1周。1コーナーで並び、アウトからフィジコをパス。
あまりの感動に涙出そうでした。

というわけで。
ライコネン、フィジケラ、アロンソ のトップ3。
終わってみればー的な面もありますが、実に面白いGPでした。
posted by はね at 23:20| Comment(0) | TrackBack(1) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

日本GPライコネン強し
Excerpt: 9日に鈴鹿で行われた日本GPはスタート直後に 琢磨がカーブでクラッシュし5番手から後退する そして大好きなモントーヤがリタイアしショックやし その後レースは最後まで見てたけどライコネンが逆転..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-10-10 08:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。