2005年08月22日

F1トルコGP

久々にオーバーテイクシーンが沢山あって
見てる側としてはとても面白いGPでした。

ドライバー側はたまったもんじゃありませんが。

1位はライコネン。やったー。
スタートでフィジコに先を行かれるも
すぐに抜き返しそのまま終始安定。

2位はアロンソ。
モントーヤのミス(とその前の接触)に
助けられた形ではありますが
諦めずにプレッシャーをかけ続けた事が
この結果に結びついたのかなぁと。

抜き易いサーキット故のミスをおかし
3位になってしまったモントーヤ。
ドライバーズもそうですがコンストラクターズでも
結構な痛手じゃないんでしょうか。


琢磨は最後尾から9位でのフィニッシュ。
現行のマシンでも150キロ走れるんだなぁ。
残り数周でピットインするんじゃないかとずっと思ってました。

予選順位の降格がなければ〜とか
バトンが邪魔しなければ〜とかなどは
当然思いもしますが
予選順位がそのままだったら
1ストップはありえなかっただろうし
1コーナー等の事故にも(進んで)絡んでいただろうし。

ポイント取れなかったのは残念ですが
とりあえず何事もなく完走してくれたので良しとしましょう。


来年のシートは・・・難しいなぁ;
とりあえず、バトンとウェーバーとマッサをどうにかしてほしい(ぉ


posted by はね at 22:57| Comment(3) | TrackBack(1) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たしかバトンとB・A・Rとの契約が今季で切れると思ったよw
再契約しなければ(☆Д☆)キラリーン♪
Posted by dai at 2005年08月23日 12:41
B.A.R側もバトン側も残留希望してるしなぁ。

何をするにしてもバトン次第というのが
なんか腑に落ちない(ぉ
Posted by ハネ at 2005年08月23日 23:33
あんぱんは、ネットで大きいドライバーとか広いドライバーなどたまったもんじゃありませんが
ハネが、久々などをオーバーしなかったの?


Posted by BlogPetのあんぱん at 2005年08月25日 12:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

F1トルコGP琢磨惜しくも9位
Excerpt: 21日F1初開催の地トルコで今季14レース目が行われ 佐藤琢磨は最後尾からのスタートで11台抜きを見せたが 惜しくもポイントGETの8位に1歩届かず9位だった ライコネンが優勝し2連勝で75ポイ..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-08-23 07:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。