2006年03月13日

F1バーレーンGP

いよいよF1が開幕しましたっ。

今年の注目と言えばやはりスーパーアグリ。
純日本製のチームというのはF1好きの日本人にとって
夢のような話ですし、何よりもプライベートチームというのが。

資本のあるワークスではない、という所が特にそう感じさせる気がします。


さて、今年も色々とレギュレーションが変わって
何だこれ?状態なわけですが、大雑把に纏めると

・ノックアウト方式予選。
・タイヤ交換はあり。ただし使えるのは1レース7セット(ドライ)。
・V10→V8エンジンに。

こんな感じですかね。ほんと大雑把ですが。


前置きが長くなりましたが、バーレーン決勝。


スタート、好スタートのアロンソをマッサが牽制
その隙を縫ってミハエルがトップで1コーナーを通過。
ナイスアシスト!って感じですが多分マッサ本人は思ってなさそう。

しかし、アロンソがすぐさまマッサをパス。
格が違うので仕方ないのかなぁと。

〜中略(マテ)〜

優勝はアロンソ、2位ミハエル、3位ライコネン。
どう見ても略しすぎです。本当に(ry

差がが1,2秒ととても緊迫した争いでしたね。
ピット後の1コーナーは正にプロって思わせる戦いでしたね。
あと、バックマーカーが絡んだ時のプレッシャーのかけ方が
さすがミハエル、と感じさせられました。

ただ、去年優勝したアロンソは確固たる自信を植え付け
冷静なドライビングで危なげなく押さえきってしまいました。


3位はライコネン。最後尾スタートから。
気がつけば表彰台にいる地味さは相変わらずですw
地味さ加減で言えばクルサードといい勝負かも(ぉ

やっぱり燃料積んでの1ストップはマクラーレンの伝統ですよね!


終始バトンがライコネンをかわそうと頑張っていましたが
結局抜けることなく定位置に。
1発のタイムは出るけどペースがーと言われてきたマシンの
特徴が出てしまったのでしょうか。
この辺はまだちょっと判らないんですが。


ある意味今日のMVPかも知れないのがロズベルグ。
最後の方のパッシングシーンはお見事の一言。
スタートでの混乱がなければかなりいい位置に来ていたはず。

それにしてもアナウンスが面白かったですね。
「ケケの子ニコ」
これ、今年のF1での合言葉ですよ。

皆さんもご一緒に・・・ケケノコニコ!
posted by はね at 02:14| Comment(0) | TrackBack(1) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

F1グランプリ
Excerpt: F1グランプリが開幕しましたね。F1といえばやっぱりアイルトン・セナですよね!
Weblog: 田舎暮らしは最高!!
Tracked: 2006-03-17 21:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。